あの日あの時あの場所で

車好き。ラブライブ!

TOLOVEる~ダークネス~ 12巻 感想(ネタバレ注意)

はい。どうも。

買っちゃいました。

f:id:gtr323435:20141209135805j:plain

正直、表紙は美柑だし、前回のヤミのダークネスの暴走は簡単に収まるのかな?と思っていました。(前巻の11巻でヤミの中に潜むダークネスが発動してしまい、暴走します)

 

で、とりあえず読んでみた訳ですが

f:id:gtr323435:20141209140610j:plain

f:id:gtr323435:20141209141113j:plain

f:id:gtr323435:20141209141135j:plain

なんか色々とカオスだった。

なんかもうやばい。ヤヴァイ。ゆあヴぁい((殴

リト、頑張ってますね。

とりあえずあらすじから語りますね(フラグ)

 

 

 

 

 

 

 

【ネタバレ】↓

 

リトの1つ1つの今までの行動が、元々孤独だったヤミの心を徐々に開かせた原因なので、暴走している(えっちぃ事が好きになってる)ヤミは、本来ならダークネスが発動したら破壊衝動だけが起こるのですが、リトが今までにしたえっちなことのせいで本来のダークネスのプラグラムがバグってしまい、ダークネス+えっちぃ衝動という混合状態になったわけです。

 

それで、ヤミは本来なら破壊衝動から、町を壊しリトを殺す予定なのですがえっちぃ衝動がプラスされたせいで周りの人やリトに対して自分からえっちな事をし始めます。

また、ララはフルパワーでヤミのトランスに応戦し、力を使い果たしてしまいギド・ルシオン((ryみたいに体が小さくなってしまいます。

そしてえっちなことを散々した後、リト、ララ、モモ、ナナ、メア…などを殺そうとします。

 

そこでヤミを止める唯一の方法は本来なら自分からえっちなことをしないリトがわざとヤミにえっちなことをすることでプログラムを更にバグらせて壊すということ。

なんともすごい方法だww

そしてその結果↓

f:id:gtr323435:20141209140610j:plain

こうなった訳ですww

 

そして、まぁこの後は普通のヤミに戻ります。

 

あーもう。えーい、めんどくさいんであとは自分で買って下さいwwwwwwww((氏殴蹴

 

でも1つ言います。

今までのTOLOVEるの全巻の中で一番良かったです。

 

ヤミ推しは絶対買うべきです。

ダークネスが収まった後マジ神です。←

 

あと美柑の番外編やその他もろもろギャグっぽい話もありめっちゃおもしろかったです。

 

以上